色素細胞には寿命があるって本当

  • 更新日:

毛根にある色素細胞が寿命を迎えることで黒い髪が白髪になります。

これは色素細胞が死んだだけで毛根には影響はありません。

よって、髪は白髪として生え続けるのです。

色素細胞はとても繊細な細胞で、ダメージを受けやすく寿命はあまり長くはありません。

その寿命には個人差があります。

遺伝や加齢、生活環境やストレスなどでも大きく左右されます。

遺伝や加齢だからといって諦める必要はありませんね。

適切なケアや規則正しい生活習慣で寿命を延ばすことができるということです。

 

甲状腺疾患や貧血症など病気が原因で白髪になる場合がありますが、病気が完治すると、元の黒髪になる場合もあります。

黒から白になる理由

  • 更新日:

メラニン色素という黒い色素が毛の細胞の中に充満しているので髪の毛は黒いのです。

メラニン色素は毛根にあるメラノサイトという色素細胞で生成され、髪の毛が作られる際にメラニン色素を毛の内部に分泌して毛髪が黒くなります。 

しかし、メラサイトの能力が衰えて、色素が分泌されなくなると、メラニン色素が生成されず、結果白髪を生みだすことになります。

何がきっかけでメラノサイトが生成されなくなるのでしょうか。

原因としては複数考えられていますが、はっきりとした根拠はまだ分かっていません。

しかし、老化現象の一つであることは間違いないようです。

精神的ショック・ストレスなどでも衰えることがあると言われています。

このページの上部へ

About

このブログの説明などを自由に。
iPhoneなどのスマートフォン向けサイトもあります。スマートフォンでこのページを開くか、URLの最後に i を付けていただけばOKです。

プロフィール

運営している人のプロフィールとか入れたりしても良いんじゃないかな。

サイト内検索

最近のピクチャ

月別アーカイブ

  1. 2014年10月 [2]

Powered by Movable Type 5.12